グラフィックデザイナーZICCOさんのPhotoshop講座を受講しました。

こんにちは、最近デザインを本格的に勉強し始めたてしま(@atsuhio)です。

本日は、先日モニターとして受講したグラフィックデザイナーZICCOさんによるPhotoshop講座に関する記事です。

なぜデザインを学んでいるのか

僕は、高校生の頃に様々なインテリアデザインに惹かれており、インダストリアルデザイナーを目指していたことがあります。志望学科も建築学科だったのですが、絵を描くのが非常に下手だったこともあり(そもそも練習もしていなかった)、これは才能ある人には勝てない道だな、と考えを改めコンピュータ学科に志望を変えた経緯があります。

そんなわけで、デザインは好きではあるのですが自分では大したレベルに到達出来ないだろうし、なんちゃってデザインができればいいと思ってたのです。

こちらは、以前に書いた雰囲気イケメンサイトを作る方法を書いた記事です。

デザイン未経験者でも出来た7つのステップで初見離脱されない雰囲気イケメンサイトを作る方法

こんななんちゃってデザイン手法でリンガルボックス(https://ja.lingualbox.com)は作ってきました。それでも、クラウドソーシングではリンガルボックスをデザインの参考サイトとしてあげる方がいたり、リンガルボックスのデザインを見て、僕にサイト制作の相談を頂いたこともありました。

ただ、個人的に雰囲気だけデザインするだけでなく、プロらしいデザインをするために体系的にデザインを学びたいという想いが以前からありました。

現在僕は、CodeGritというプログラミング学習のサービスを立ち上げ中なのですが、このサービスのサイト制作ではより本格的にデザインをしようと考え、それがきっかけでデザインを今体系的に学び始めています。

Ziccoさんによるデザイン講座モニター募集

そんな中、Twitterでフォローしていた、グラフィックデザイナーのZICCOさんが、以下のようなツイートをしているのをたまたま発見しました。

これは、是非受けたいと思って、連絡したところ講座を提供して頂けることになりました。

講座内容の決定

受講前に事前にメッセージでどんなことを学びたいのかZiccoさんから聞いていただきました。

そして、相談した結果

  1. 写真からの背景切り抜き
  2. 背景用のパターン作成(水彩画風のものと、図形を使ったものの2パターン)
  3. アイコンの作成

の3つを2時間で教わることとなりました。

実際の講座内容

講座はZoomというSkypeに似た通話ソフトを使って行いました。PC上に複数立ち上がっている画面の内Photoshopの画面のみを共有することが出来る便利です。

1. 写真からの背景切り抜き

最初に、写真からの背景切り抜きをしていきます。僕の場合、サイトに掲載予定の自分の顔写真から背景を切り抜きたかったこともあり、自分の画像で実践していきました。

結果がこちらです。

最初のイメージ

背景切り抜き後のイメージ

 

2. 水彩画風ブラシ作成

次に、水彩画風のブラシを作成していきます。ブラシの太さや透明度、テクスチャなどを調整していき、出来た設定を水彩画をテンプレートとして保存します。

このブラシを使うことで、以下のように水彩画風の背景を簡単に作ることが出来ました。

ちなみに、このような水彩画風ブラシを作りたかったのはleap(https://leap.ai/welcome)というサイトのような表現をしたかったためです。

3. 図形を使った背景パターン作成

僕が英語版のAdobeソフトを使ってたことやソフトのバージョンが違ってたことで、この時点で15分程度しか残ってなかったのですが最後に背景パターンの作成方法を教えていただきました。

背景パターンを作るのは非常に簡単で、例えば100px四方の小さなタイルに図形を配置しパターンとして保存、そして塗りつぶしでこのパターンを利用することで実現出来ます。

実際に作成したパターンがこちらです。

最近では、こうしたパターンを背景に置くことがトレンドとなっているのでCodeGritでも利用するかもしれません。例えばsimple.com(https://www.simple.com/)というサービスでパターン背景が使われています。

こうした背景も一度習った今なら簡単に作れます。

既に出来る人から学ぶと時短出来る

今回はここで時間切れとなってしまって予定していたアイコン作成は出来なかったのですが、CodeGritで実際に取り入れたいと思っていたデザインのアイデアを一気に3つ学ぶことが出来、個人的には大満足の内容でした。

受講して思ったのが、既に知識のある方から学ぶと、独学で学んでいくのに比べて時間を一気に短縮出来るということ。

僕が現在立ち上げ中のCodeGritでもプロのプログラマにメンターとなってもらうことで、独学だと挫折しがちで時間もかかるプログラミング学習を、もっと効率的に学ぼうということをコンセプトにしてます。

日本初のCtoC型プログラミングスクールCodeGritのコンセプトとメンター募集について

デザインもプログラミングと同様で、デザイナーの方にメンターとしてついてもらって、自分でデザインをしていきつつ、こうして都度教えてもらえるような機会を作ると伸びやすいんだろうなぁと思いました。

Ziccoさんは、7月から本格的にイラストレータ、フォトショップのレッスンを開始されるそうです。現在特別価格で提供中とのことなので、興味のある方は是非Ziccoさんにコンタクトしてみてはいかがでしょうか。

 

ziccoさんのTwitterアカウント: https://twitter.com/ziccommune
ブログ: https://t.co/QYShFktR7c


ライターについて
プログラミング学習サービスCodeGrit(現在立上げ中)とオンライン英会話サービスのリンガルボックスを運営しています。

英語学習に役立つ情報を日々更新中。

リンガルボックスのFacebookやTwitterをフォローして更新情報を受け取ろう!