イタリアの家庭料理を作りながら英語を学ぼう – Laura in the Kitchen

英語レシピで料理をするススメ

英語を学習している方で、料理もされるという方は多いと思います。

僕はリンガルボックスというオンライン英会話スクールを運営していて、その関係でフィリピンに2年ほど滞在しています。そして残念なことにフィリピンの料理が僕の口に(全く)合わないということもあり、滞在期間中、ほぼ毎日自炊をしています。

クックパッド」なんかでもイタリアンや中華などのレシピは色々あがっているのですが、僕がよく使うのはイタリアンならイタリア人、中華なら中国人や台湾人が英語で解説をしているレシピです。

これのナニがいいかというと、一つはもちろん現地の人が食べているそのままの味を再現出来るということ。もうひとつは英語の勉強にもなるということです。

動画のレシピなら、解説がなくても映像を見ているだけでも材料ややっていることのほとんどがわかるので初級レベルの方でもあまり苦労せずに理解できます。

また、日本の英語教育ではどういうわけか魚の名前、肉の部位の名前、調理器具や調味料の名前など日常生活でよく使う単語をほとんど学ばないのですが、こういった単語も覚えられます。

例えば、”Pork Belly(ベーコンになる部位でいわゆるバラ肉)”、”Bread Crumbs(パン粉)”、”Bell Pepper(ピーマン)”、”pot(鍋)”、”simmer(ぐつぐつ煮る)” といったような単語です。

海外に行って外国人と一緒に料理をするという機会があったりした時に、こういう基本的な単語を知らないと結構恥ずかしかったりします。

700以上のイタリアンレシピ紹介サイト – Laura in the Kitchen

特にイタリアンが好きという方にオススメなのが“Laura in the Kitchen”というサイトです。このサイトはイタリア人のLauraさんがイタリア料理のレシピを動画で紹介しているサイトで、既に700以上のレシピが紹介されています。(中にはスペイン料理などもありますが)

例えば、僕は最近ライスボールを作ったりしました。うまかった。

イカのトマトソースパスタ「カラマラータ」も簡単で美味しいのでオススメです。

動画を見ているとよく言っているのですが、結構な料理がLauraさんのお母様から伝わったイタリアンのMammaの味とのことで、古くからの伝統的なイタリア料理のレシピが多いようです。

料理が好きな方は是非試してみてはいかがでしょうか。


ライターについて
プログラミング学習サービスCodeGrit(現在立上げ中)とオンライン英会話サービスのリンガルボックスを運営しています。